インテリアコーディネート

カラーコーディネート

スポンサーリンク

カラーコーディネートは、インテリアの印象を大きく左右するもの。同じインテリアでも、色が変わるだけでガラリと雰囲気が違います。

最初は、白・黒・茶色などベーシックな色でそろえることを意識して。慣れてきたら、気軽に変えられるカバー類や雑貨などから好きな色を取り入れてみてください。

部屋の持っている色を確認する

ドア
まずは床・壁・天井・ドア・クローゼットなど、部屋に最初からある色を確認します。一人暮らしだとたいてい賃貸ですので、これらの色を変えることは難しいです。

壁に布を貼ったり、床にラグを敷いたりはできますが、そうでない場合は今の色を活かすようなカラーコーディネートを目指しましょう。畳のフチやドアの色もチェックして。

大きい物の色を決める

次に、部屋の色にあわせてカーテンやベッドカバー、テーブルといった大きな物の色を決めます。部屋の印象を決める重要な色なので、どんな雰囲気にしたいのか考えながら決めていきます。

部屋を広く見せたいときには白やアイボリーなど薄めの色を。落ち着いた雰囲気にしたいときには、こげ茶や黒など濃い目の色にすると重厚感が出ます。

小さい物の色を決める

最後は、好みでアクセントカラーを入れます。全体の中で小さい面積のものに使うのがポイントです。クッションカバーなどのファブリックをアクセントカラーにしておいて、季節にあわせて変えてもいいですね。

似た色同士をあわせると落ち着いた印象に。対照的な色をあわせるとはっきりとした印象になります。

スポンサーリンク