インテリアコーディネート

インテリアスタイルを決める

スポンサーリンク

インテリアスタイルを決めるというと難しそうな感じがしますが、要するに、どういうインテリアにするかを決めるということです。

ピシッとしたスマートな部屋なのか、落ち着いたカフェのような部屋なのか。そのスタイルのどこが好きなのか、そのためには何が必要なのかをチェックすることで、部屋作りがしやすくなります。

インテリアスタイルとは

インテリアスタイルとは、文字通りインテリアの型式のこと。

着物柄のシャツは和風、エッフェル塔の絵が描かれたマグカップはフランス風と言われますよね。インテリアでも、日本独特の物を使えば和風インテリア。自然な風合いのままの木の家具や、無漂白の布を使えばナチュラルインテリアとなります。

「このスタイルには必ずこれを使う」という決まりごとがあるわけではありません。けれど、それぞれのスタイルに特徴的な物を取り入れることで、インテリアスタイルが決まっていきます。

スクラップのすすめ

素敵な部屋にしたい気持ちはあるものの、具体的にどうしたいのかわからない。そういう人は、まずスクラップをしてみましょう。

雑誌や通販カタログの中から、好きだと思うインテリアを選んでいきます。切り取らずに付箋や折り目をつけるだけでOK。次に、それに順位をつけていきます。1番目に好きな部屋、2番目に好きな部屋・・・5つくらい選びましょう。

自分の好きを具体的にする

好きな部屋を選んだら、なぜその部屋が好きなのか・気に入らない点は何なのかを書き出していきます。

1番の部屋を好きなところ:木のベッド、白いベッドカバー、フローリング
2番の部屋を好きなところ:木のベッド、青いカーテン、カントリー雑貨

という風に、違う部屋で同じ理由があっても大丈夫。気になるアイテムが何度も出てくることで、自分がどんな部屋を作りたいか見えてくるはずです。

1つのスタイルじゃなくてもOK

スタイルなんてよくわからない。そう思う人もいるかもしれません。スタイルはインテリア作りの目安。決まらなければゆっくりと決めていってください。

スタイルの枠にとらわれず、あなただけのミックススタイル、オリジナルスタイルでもいいんです。とはいえ、ここでも統一感は大切。

スタイルの違うものばかりを集めては、ごちゃごちゃとした部屋になってしまいます。メインのスタイルに少し違うスタイルを取り入れる、キッチンやトイレだけを別のスタイルにするなど、上手に楽しみましょう。

スポンサーリンク