一人暮らしのインテリア > インテリアの話題 > IKEAの店舗が増える!平成32年までに最大13店舗へ
インテリアの話題

IKEAの店舗が増える!平成32年までに最大13店舗へ

スポンサーリンク

IKEAを運営するイケア・ジャパンが、新店舗の開設計画を明らかにしたそうです。

イケア・ジャパン、平成32年までに国内13店舗へ
世界最大の家具専門店「イケア」(スウェーデン)の日本法人、イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は28日、首都圏や関西の既存5店を含め国内で最大13店を平成32(2020)年までに開設する計画を明らかにした。同社が中期的な店舗目標を開示したのは初めて。

イケアは平成18年、千葉県船橋市に日本1号店を出店し、既存5店舗の売り場面積は平均約4万5千平方メートル。くまなく商品を見て回れる店作りが奏功し、全店の年間来店客数は2100万人を超える。

今後の計画として来年4月、九州初出店となる「イケア福岡新宮」(福岡県新宮町)を開業。3月に全線開業した九州新幹線を追い風に、九州全域と広島県以西からの集客を見込む。また、東京都立川市のJR立川駅前の国有地も取得しており、27年をめどに「立川店」を開設する計画だ。

13店舗!でも平成32年!!(笑)

IKEAの国内店舗は現在、船橋(千葉県)、港北(神奈川県)、神戸(兵庫県)、鶴浜(大阪府)、新三郷(埼玉県)5店舗なので、8店舗増えるということですね。

すでに発表されているのが、福岡と立川。残り6店舗はどこになるのでしょう。
個人的な予想では、東京都内と札幌は可能性が高いんじゃないかと思います。

今はIKEAというと「わざわざ行く」距離の人が多いですけれど、身近になりそうで楽しみですね。

IKEAの家具が通販で買える!MOBLIFE(モブライフ)
スポンサーリンク